小企業向け専門パソコン整備スペシャリスト 株式会社ストラテジア: 福岡市中央区

株式会社ストラテジア
. STRATEGIA principles ~ストラテジアの信条~
.

ストラテジアの存在意義と価値観です。

ストラテジア経営理念

1.私たちはいつも特定の利用者を創造しましょう。
2.どうすればその彼がもっと豊かになるかを追求しましょう。
3.逆に私たちのことはその彼にすべて委ねてしまいましょう。

ストラテジアの「大切な5人」

ストラテジアは次の5人をこの順番で大切に考えています。

1.
私たちは、クルー自身とその家族を大切にします。
クルーは一度しかない人生の時間とこれまで培ってきたスキルを惜しみなく投入してくれています。よってどんな事業もまず全てクルー自身へのフィードバックを追求します。クルーが魅力を自ら放ち輝き続けてくれてこそ、私たちは事業を続けることができます。(私たちは従業員をクルーと呼びます:後述)
2.
私たちは、私たちを支えてくれるビジネスパートナーとその家族を大切にします。
ビジネスパートナーが私たちの不得意な部分や未熟な部分を助けてくれるからこそ、私たちは事業を続けることができます。
3.
私たちは、私たちの事業を評価してくださるお客を大切にします。
お客が私たちの価値を認めてくれるからこそ、私たちは事業を続けることができます。
4.
私たちは、私たちの属する地域社会を大切にします。
地域社会が私たちを支えてくれるからこそ、私たちは事業を続けることができます。
5.
これら4人を大切にしていることは、5人目である株主も大切していることになります。
株主が私たちへの理解と投資を続けてくれているからこそ、私たちは事業を続けることができます。

※営利目的のはずの株式会社で「なによりもお客が一番大切ではないのか」とあなたは思うかもしれません。しかし私たちはそう考えません。その根拠は『日本でいちばん大切にしたい会社』坂本光司著 あさ出版 をお読みください。

ストラテジアという屋号

ストラテジアという言葉を探してきたのは次の書籍からです。

小さな会社☆社長のルール』竹田陽一著 フォレスト出版

  • ストラテジア strategia とはラテン語で「戦略」という意味です。英語においての戦略/ストラテジー strategy の原語です。
  • 1864年山口県の大村益次郎はストラテジアを「将帥の術」と訳しました。
  • 中小企業家はまさに一国の将軍であり、将軍職の判断一つで経営は良くも悪くもなります。
  • 将軍の考え方は現場にいる部下のそれとは全く異なります。例えばプロ野球では選手から監督になることが多いですが現役選手としても監督としても完璧だったという例を挙げることができますか。
  • 戦況が思い通りに進まないときなどに、将軍は考えに煮詰まることがあります。自分の決断で損害が発生する状況だとなおさら躊躇します。
  • またはそもそも考えることが苦手な性格の将軍もいます。
  • いくら戦闘員の腕っ節が強くても、将軍が定めるべき戦う意義や戦う目的や戦う場所が間違っていれば戦闘員は無駄に死んでいくだけです。
  • 戦略は将軍が考え決断したものでなければ意味がありません。それを実行するにあたり決裁権が必要だからです。
  • 戦略は形に現れず、目で見えません。他人に理解してもらうことは不可能、あるいは時間がかかります。
  • その将軍に一番フィットした最適解など、過去に誰も考えたことがありません。最適解は後から歴史が証明することがありますが、当該本人が生きている間には全くわかりません。
  • 誰も教えてくれない誰も助けてくれないので将軍は自ら袋小路に陥りやすくなります。
  • そんな将軍の思考を補佐するために軍師の役目が必要です。
  • 軍師は腕っ節は強くないものの、論理立てた思考を駆使して将軍の側で思考の役に立つことができます。
  • そこで、私たちは経営者のよき軍師でありたい、という想いをこめてストラテジアという屋号を採用しました。

ストラテジアのクルー像

ストラテジアでは社員のことを「クルー」と呼んでいます。

ストラテジアのクルーであるからには、こうありたい。

えぇ、全くの理想論かもしれません。しかし、始まりは理想を語ることからと考えています。

  • 自分で判断できること。
  • 自分で情報収集できること。
  • 興味があることにはさらに追求できること。
  • 雑多な情報に飲み込まれ振り回されないこと。
  • 食わず嫌いをしないこと。
  • 投資と浪費を意識すること。
  • 割り込んで他者を阻害しないこと。
  • 本を常に小脇に抱えること。
  • 邪悪にならないこと。
  • しっかり睡眠をとること。
  • しっかり食べること。
  • しっかり遊ぶこと。

この考え方に共感するクルーになりたい方はいつでも応募可能

ストラテジアが放つ言葉や文章

言葉や文章は、ストラテジアの主力商品を構成する素材原材料です。

ストラテジアとクルーが使う全ての言葉や全ての文章には言霊が宿っています。

常日頃からそれらを大切に取り扱うことで、逆に言霊からも大切に扱ってもらえるようになります。

  • 言葉を常に前向きプラス思考で使います。
  • 言葉を常に肯定型で使います。
  • 言葉を常に明瞭に使います。
  • 言葉を聞き手を傷つけないように使います。
  • 言葉を第三者を傷つけないように使います。
  • 言葉を自分自身を傷つけないように使います。
  • 上記に反する言葉が出そうになることもありますが、ひとり黙ってそれを飲み込みます。

ストラテジアが理想とするお客

私たちのお客は中小企業家です。一国一城の主です。責任もあります。プライドもあります。見栄もあります。お金もあります。

しかし中小企業家だからといって全てをお客として迎えるわけではありません。

ストラテジアもお客を選びます。

  • ストラテジアの価値観やサービスを受け入れてくださる方
  • 他人まかせではなく自己管理意識を持っている方
  • 見えないものを見いだそうとし物事の目的と意味を理解しようとしている方
  • 物事の方向さえわかれば自分で実践するスキルを持ちたい方
  • 請求書通りにきちんと支払いができる方
  • 約束の時間を守れる方

この高いハードルを越えてきてくださった中小企業家だからこそ、私たちはお客として大切にしなければなりません。

これが貴重でありがたいことだと感じ取れる器をクルーが持つようにならなければなりません。

社会的責任を果たすべく邁進する熱き中小企業家の高い要求に応えていくことが私たちの存在意義です。

ストラテジアのサービス提供方針

  • 私たちの仕事は見えないものを見える形にしたり、理解できるようにしたりすることです。
  • まず自分が見えないものが見えるようになりましょう。今は見えないかもしれません。いずれ見えるようになりたいと思う意識を持ちましょう。
  • そうやって見えてきたものはさらにはっきり見えるように加工しましょう。それを通して豊かになるにはどうするといいのかを考えましょう。
  • 決して滅私奉公する必要はありません。誰もがまず大事なのは自分自身のはずです。
  • もし安易な値引きを迫られるようなことがあれば、そのオファーは断ります。

私たちは正しいサービスを正しく提供することで適正な利潤を得ます。

お客から利潤を得ることで将来のお客へさらなるサービスで還元することができます。

よってストラテジアの全てを喜んで受け取ってくださるお客へストラテジアは最高のサービスを提供し続ける責任があります。

確かに同業他社のようなものは福岡にもたくさんあるかもしれません。しかし私たちは彼らとは競争関係とは考えません。むしろ同業に近いほど大歓迎。同業にだってできるできないがあるのですから恐れることはありません。私たちは私たち、唯我独尊です。

同業コンサルタントの方も、どうぞ私たちのセミナー会場へコンサルティングの技を盗みに来てください。自信がある私たちのすべてをお教えできます。

ともに磨き合いともに共奏関係でありそれぞれのメロディを重なり合わせすばらしいハーモニーを目指します。

ストラテジアの品質管理方針

  • お客の話をしっかり聞きます。その内容が良きにしろ悪しきにしろ私たちが判断するのはお客の話の後です。
  • お客から聞いて理解した内容が間違っていないか、都度その場で確認します。
  • お客の話の内容や意味がわからないときは話の腰を折らないように気をつけながら質問し、わからない点を残さないようにします。
  • 私たちが何かを話すときはお客の顔色を見て、理解しているかどうかを把握します。
  • お客がどうも理解していなさそうにしているときは、失礼にならない程度に理解度を聞きます。
  • 最後に今現在で不完全燃焼の点が残っていないかをお客に必ず聞きます。
  • もしお客から指摘を受けたら、真摯に承ります。改善策を検討し、直ちに実践します。
  • お客がサービス不満足による支払い代金の返金を望めば、それには真摯に従います。

ストラテジアの感謝の表現方針

  • 私たちは常に感謝の心を忘れません。
  • 感謝を表す行動は即座に行います。なぜならそれは日にちが経つと薄れていくものなのですから。
  • 「感謝を表す機会があること自体が感謝すべきこと」です。